Contact

Secretariat: 高橋大祐(弁護士)/ Daisuke Takahashi (Attorney)

藤野真也(研究者)/ Shinya Fujino (Researcher)

E-mail: info@antibriberyjapan.org / Phone: +81-4-7173-3761

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1麗澤大学企業倫理研究センター気付

c/o Business Ethics and Compliance Research Center, Reitaku University,

Hikarigaoka 2-1-1, Kashiwa 277-8686, Chiba, Japan

髙巖

麗澤大学経済研究科教授 商学博士

itaka@reitaku-u.ac.jp

 

[略歴]

麗澤大学大学院経済研究科 教授

麗澤大学経済学部 教授

京都大学経営管理大学院 客員教授

早稲田大学産業経営研究所 特別研究員

麗澤大学国際経済学部 助教授

麗澤大学国際経済学部 講師

米ウォートン・スクール 客員研究員

早稲田大学社会科学部 特別研究員

麗澤大学外国語学部 非常勤講師

早稲田大学博士課程商学研究科経営経済専攻 修了

早稲田大学修士課程商学研究科経営経済専攻 修了

麗澤大学外国語学部イギリス語学科 卒業

 

[著書・論文]

『女子高生と学ぶ稲盛哲学』日経BP社、2015年

『外国公務員贈賄防止に係わる内部統制ガイダンス』企業倫理研究センター、2014年

『ビジネスエシックス[企業倫理]』日本経済新聞出版社、2013年

『コンプライアンスの知識(第2版)』日本経済新聞出版社、2010年

『「誠実さ」を貫く経営』日本経済新聞社、2006年

『CSR:企業価値をどう高めるか』日本経済新聞社、2004年

『ビジネス・エシックス—企業の社会的責任と倫理法令遵守マネジメントシステム—』文眞堂、2003年

「グローバル・リスクとしての海外腐敗行為:ナイジェリア贈賄事件を巡って」『麗澤経済研究』第20巻第2号、2013年(共著)

「いかにISO26000を個別組織に導入するか:『麗澤大学・ISO26000管理一覧』を巡って」『麗澤経済研究』第20巻第1号、2012年

“Fairness in International Trade and Business Ethics: A Japanese Perspective”   Fairness in International Trade, The International Society of Business, Economics, and Ethics Book Series 1, G. Moore (ed.), Springer Science + Business Media B.V. 2012

“Le Japon et les Objectifs du Millnaire pour le Dveloppement: La Confrence Internationale de Tokyo sur le Dveloppement en Afrique (TICAD)”  Ethique et Societe, Vol.5, No.3, 2009

「経営理念はパフォーマンスに影響を及ぼすか:経営理念の浸透に関する調査結果をもとに」『麗澤経済研究』第18巻第1号、2010年

「新たな排出量取引制度の提唱:キャップ&トレードの限界を回避する仕組み」『麗澤経済研究』第18巻第1号、2010年

“Overcoming the Problems Inherent in Cap & Trade Programs: Proposals for a New Emissions Trading System Based on the Experience of the Reitaku University Model"  Reitaku International Journal of Economic Studies Vol.18, No.1, 2010

「産業界の視点から『排出権取引制度』を構想する:Non-Cap Approachの提唱」『麗澤経済研究』第17巻第2号、2009年

“Business Ethics: A Japanese View”   Scaling The Corporate Wall: Readings in Business and Society, (2nd ed.) by S. Prakash Sethi, Paul Steidlmeier, and Cecilia M. Falbe, 1997

“Business Ethics in Japan”  Journal of Business Ethics, Vol.16, No.14. 1997